SEO

《Search Engine Optimization:検索エンジン最適化》
現在では、ホームページ制作を会社に依頼すると多くの場合はSEOの事も考えた上で作業が行われている事が多い。

また、ホームページ制作とSEOを一つの会社の中で行っているという場合も多く、同時に依頼する事も決して珍しい事ではありません。

数年前であれば、SEOの対策をしている会社は熱心に営業も行っているという様な印象を受ける事もあったかもしれません。しかし、現在では当たり前の様に企業だけではなくて、個人のホームページでさえも対策に乗り出している事もあるくらいです。(しかし、個人でやってうまくいっているとは言えませんが。)

もはや、SEOはインターネット業界で勝ち残るためには必須と言えるます。

最近では、seo意外にもSEMやリスティング広告という言葉もよく使われています。

SEM(Search Engine Marketing)とは、Webサイトへのアクセスを増やすマーケティング手法の事を言います。リスティング広告はYahooのキーワード検索連動型広告です。googleではadwords広告がこれにあたります。現在は、Googleの検索エンジンシステムを採用しているところが多く、SEOを行う際には、Googleでの検索順位をどのようにして上げるのかを考える必要があります。

seoの現実

現在のseoは時間、お金をかければ順位が上がるものではありません。非常に大切なのが被リンクのドメインの古さとコンテンツになります。どちらが欠けていてもseoはうまく機能しません。コンテンツに注目したseoをコンテンツseoと言い、ホームページ制作会社が推進しております。

どうしてホームページ制作会社が推し進めるのか?といいますと、コンテンツを増やす→ホームページのページ追加→お金になる ということなのです。

ただ、それが無駄かというとそうではありません。優良なコンテンツにプラスはあってもマイナスはありません。

さらに、2016/9のアルゴリズム変更ではこのコンテンツが十分でないものを評価しない、またはコンテンツが十分でないサイトからのリンクの比率が多いとseoと認識され順位を下げることがあります。googleが言っている優良なコンテンツをより多く含んだサイトを作成すること、そしてそのようなサイトからリンクをもらえるようにすることがseoにとって非常に大切になります。

seoがどのように変化していくのか?

2016/9にgoogleのアルゴリズムのコアの部分をバージョンアップして以来大きく順位を動かしていますが、いったい何をしようとしているのか?と考えると次のように思うのです。

seoらしきサイトの評価を落としたい。そしてコンテンツが十分であるサイトを評価したい。ここでseoで順位を上げているものを下げようとするとどうしてもseoとは無関係であるサイトも順位が下がることがあります。それをいかに減らしながらそれを実現するのか?それをAIの学習で可能にできるのか?ということです。今はまだ十分とは言えず、副作用的なものが多く上位表示されております。また、優良なサイトであっても順位を下げているものもあります。

AIで本当にこれを実現できるのか?これが問題です。私個人的にはseo排除を主眼に置くとどうしても副作用が大きくなるよう思うのです。どちらかというとより良いコンテンツのあるサイトをどう判断するのか?に重点を置く方がseo的にものがすくなくなるように思うのです。それはseoはどうしても費用対効果を計算しますのでより良いコンテンツを求めれば採算が合わなくなるはずなのです。もし、それでもより良いコンテンツをseo用につくるならこれは十分評価に値すると思うのです。皆さんはどう思います??

seoとエンジニアについて

検索エンジンで、新しい検索アルゴリズムを導入すると発表があると、大きなニュースになります。 seoに関わるエンジニアにとっても大きな出来事だからです。

AIとは、日本では人工知能と呼ばれています。 AIは、学習することで賢くなっていき、搭載されることにより、検索結果は様々に変化します。googleのRank BrainがこのAIに当たります。

今後、seoにAIに関する情報が求められることは多くなっていきます。 そこで、自社のサイトを検索結果の上位に表示させるために大切なのは、コンテンツ戦略です。そのコンテンツ戦略とseoをどうリンクさせていくのかが大切です。

その時、コンテンツを充実させることが、非常に大事になってきますが、 情報をただ伝えるだけでなく、ユーザーにとって有益なサイトを作ることが重要なのです。また、どれくらいの量のコンテンツが必要なのかも考えながら対策を練ることが大切です。

seo対策とスタッフの能力

seo対策を専門としているIT関連企業の数は、全国的に徐々に減ってきております。理由はseoがもうからなくなったというのが一番ですが、それ以外にもgoogleのAIにふりまわされるのが嫌だというのもあります。今存在するseo会社もいろいろですので、技術の高い業者をきちんと理解することが大切です。

最近の傾向として、AIの進歩とともにgoogleのアルゴリズムもより高度なものになり、seoの費用が高くなっています。これはスタッフの能力にも影響し、今までの スタッフではseoをすることができななくなってきています。 より多くのseo業者の価格帯や経歴の長さ、実績に目を向けて業者を選ぶことが望ましいといえます。

seo対策でよく聞くRank Brain(ランクブレイン)って何?

これはgoogleのアルゴリズムを司るシステムで人工知能AIが利用されていると言われており、日々収集したリンクの情報、コンテンツの情報を整理し、評価を下しております。

AIであるということは日々賢くなっているということなのです。(AIは賢くなるものというのは定説ですが、そうでない場合もあることは覚えておく必要があります。)

今のRank Brainはメインでコンテンツの評価により、順位を付けていますが、どうもこれが今後どのようにかわるのか?によって順位が大きく変わりそうです。まだ、コンテンツの量、キーワードのバランスなどをメインに評価しているように思えます。ということは外国の情報を日本語に訳し、解説するようなものが高い評価を得て、分析をし、要約したものは評価されないということになります。非常に残念なことなのです。

しかし、これが現状なのです。今後、実際に考えて書いたコンテンツをどう見極めて評価するのかがアルゴリズム改良の鍵になるかもしれません。

seoの目的は?

seoの目的はいろいろあるでしょうが、サイトがビジネスで利用するものであれば、当然、アクセスを出し、売り上げ、ブランディングにつなげることとなるでしょう。

アクセスを出すだけなら他の方法、リスティング広告、バナー広告、SNSの広告などがあるでしょう。また、売り上げだけなら楽天やアマゾンを利用したショッピングサイトの利用、ポータルサイトへの広告出稿などがあるでしょう。ブランディングも同じようにいろいろな手法があるでしょう。

あえて、アクセスアップ、売り上げ、ブランディングのためにseoを利用するのはどうしてでしょう。それはきっと広告と異なり、オーガニック検索での上位表示は自然な露出ではないので安心感、信頼感が生まれるかもしれないと期待するからでしょう。そうなるとおのずとどのようなキーワードをメインで扱うべきは決まってきます。

しかしながら、キーワードを決めたからといって順位が上がってくるわけではありません。まずは、目的からキーワードを選定することからseoを始めましょう。

目標のキーワードでseoによる検索上位表示を実現したい

その場合はまずは目標のキーワードに関連するさらに細分化されたキーワード群を作ります。できれば10~20個ぐらいでキーワード群を作成します。キーワード群は複数あっても問題ありません。

これはビッグキーワードなら階層的に2段階となるぐらいのイメージでキーワード群を構成するといいでしょう。そしてこれらのキーワードに対して、コンテンツを考えるのです。そしてユーザビリティーを考慮したサイト構成にするのです。そこまで考えたところで気が遠くなったと思います。そうなんです。これらの作業を最後まで完結させることは非常に大変なことなのです。そうすることでseoはうまくいくのです。

それが嫌ならそれを代わりに実現してくれる業者を探し、依頼することが大切です。

seoで使用されているパンダアップデートについて

パンダアップデートは簡単にいってしまうと「内容の質が悪かったり、薄かったりする検索結果を上位に表示しない」ということで、グーグル検索で使用されているseoにおいてのアルゴリズム・アップデートのことです。英語圏内では2011年から取り入れられており、日本では2012年と他の国よりも遅い時期に導入されました。

最初の頃はファーマー・アップデートとも呼ばれていました。導入された背景としては誰でも簡単にサイトを作れるようになった代わりに内容があまりに低品質のものが増加したためです。利用する人たちがより快適にサイト検索することができるように導入されました。

google社のseo詳細について

現在のseoはコンテンツとリンクの双方で対策していかないと、順位が上がりにくい状況になっています。以前のseoはリンクの対策のみで、順位の上昇が可能でした。この変化は、検索の順位を決めているgoogle社の検索エンジンが、更新された為です。

Google社のアルゴリズムの更新が影響し、順位の上がりやすいサイトが変更になり、良質なリンクと良質なコンテンツが求められる様になりました。このことから、これからもgoogle社の仕様は、変更される事が予想されます。ユーザーにとって有意義なものを目的としている限り、SEOは変更され続けます。大阪などにはSEOを研究する会社もあります。

大掛かりなアップデートはgoogle次第でseoに変化

適当にアップデートしているわけではなく、googleはしっかりとアップデートを行うようにしています。定期的に検索などの情報を変えることによって、新しい情報にも対応できるように、そして色々な条件を加えることで良質のサイトを上位に掲載できるようにします。

問題となっている部分をアップデートすることで、トラブル解消にも繋げているのです。seo対策をする側からすると、こうした問題は少し厄介なものです。出来れば行なってほしくないものですが、行われてしまうことは避けられません。大阪の会社も、慎重にアップデート内容から次の方針を決めています。

seoを極めることでわかるgoogleの本質とは

基本的な部分からいくと、seoを極めていることでgoogleの本質を理解することができます。seoが広く発達していくことで良質なホームページが上位に上がり、利用頻度も同じように比例することで、利用する顧客満足が上がることが望まれています。つまりはーザー目線であることが本質となります。

東京や大阪などを中心にSEOに強い会社も出てきています。SEOを攻略したいのであればまずは、自身のサイトがユーザー目線になっているかどうかを確認することです。基本的なことではありますが意外と出来ていないサイトも多く見かけます。

seo関連の記事