浮気調査は探偵、興信所に相談

日常的に生活していると、個人的に興信所へ何か調査のお願いにいくという機会はそんなにないかもしれません。

今までに一度も興信所を利用した事すらない人も結構多いのではないかと思います。

調査を行って本当の事が明らかになっていれば、問題がさらにやっかいになったり、トラブルになるのを防ぐ事ができるかもしれません。

パートナーの浮気について悩んでいたとしても、その現場をつかんだり証拠を持っていなければ、あまり効果的に相手を責めることはできません。どうしようもなくなってしまい悩んでいるという人は多いと思います。

そんな人は大阪の探偵を利用してみることをオススメします。大阪は大都市だけあって、同じように悩んできた人をたくさん解決してきたという実績があります。大都市の探偵にはそういった利点があるのです。

悩みを何とか解決したいと考えている人は、一度相談だけでも訪れてみてください。きっといいアドバイスをもらえるはずですよ。

探偵の浮気調査の費用を抑えるコツ

探偵会社に浮気調査を依頼すると、決して安くはない費用がかかってしまうものです。ですから、1日や2日間だけ調査をしてもらうというのも手です。1日や2日といった短い日数では、浮気の証拠がつかめないかもしれないと心配になるかもしれませんが、そういった場合には、ポイントを絞って浮気調査の依頼をすると良いものです。

例えば、クリスマスや相手の誕生日などポイントを絞って探偵会社に動いてもらうことで、浮気の証拠がつかみやすくなることがあるものです。なるべく安い費用で結果を出したい人は、意識しておきたいことだと言えるでしょう。

探偵の浮気調査の対象者の範囲は?

探偵の浮気調査は、無差別に対象者を設定できるわけではありません。原則として、結婚をしている夫婦の一方からの依頼が必要になります。探偵は浮気調査をする前に、警察に届け出を出しておりますが、配偶者からの依頼があったということが、一種の大義名分になっています。

自宅が浮気の現場になっていることがありますが、マイホームに監視カメラをしかけたり、車のカーナビ記録をチェックしたりできるのは、配偶者が所有者でもあるからです。もちろん、ただの彼氏・彼女の関係であっても、素行調査などを行うことはできます。対象者が誰であるかによって、行える調査が変わってきますので、まずは探偵に相談をしてみましょう。

探偵の浮気調査の尾行は気づかれないです

探偵は浮気調査の依頼を受けると、対象者に絶対に気づかれないように尾行をして、一日の行動をすべて記録に残します。家を出る所から始まっており、仕事に行くまでの間もすべて監視しています。

また仕事の種類にもよりますが、内勤では無い場合には、外出している時間もすべて記録に残すのです。仕事が終わり家に付くまで完全に尾行され報告がされるのです。

浮気はいつしているか解らないので、社内の外から見えない場所で密会している時は、確認が出来ないのです。しかし必ずボロを出しますので、その場をしっかりと抑えるのが探偵で気づかれないのが特徴の一つになるのです。

探偵と興信所の違いについて

探偵と興信所具体的にどこが違うのか詳細を知っている人は以外と少ないかと思います。

興信所は、元は企業から依頼を受けることが多く、信用情報を主に取り扱っていたと言われています。一方探偵は浮気調査や、人探しなどをメインに、主に個人からの依頼を受けて活動していたと言われています。しかし現在ではこの2つに大きな差はなく、取り扱っている内容も、調査してくれる内容も特に違いはありません。

探偵であれ興信所であれ得意な分野はそれぞれありますが、それはそれぞれというよりは、事務所によって違うといった方が正しいです。どちらを選ぶかは自分の好み次第です。

探偵・興信所関連の記事