TOP > seo対策

サイト内部に行うseo対策

サイト外部に行う対策もあれば、内部に行うseo対策もあります。

サイト内部に行うseo対策を行うのであれば、コーディングの知識があれば多いに助かる事でしょう。

また、現在はコーディングの知識がないという人であっても、サイト内部に行うseo対策を今後も行っていきたいと考えているのであれば、習得するのもいいかもしれません。

どちらかと言えば、サイト内部に行うseo対策は、一人でも知識があれば行いやすいと思われます。

seo対策と言えば、リンクを貼るなど外部に行う対策がメインと思っている人もいるかもしれませんが、サイト内部に行うものについても、しっかりと対策を行うことで結果が変わってきます。

seoの内部対策の具体例

実際には何をしているのでしょうか?

  • 1.<h1>タグで見出しをつけること
  • 2.キーワードの出現頻度の調整
  • 3.タイトルタグの修正
  • 4.内部リンク※1の調整
となります。これだけです。ただ、アルゴリズムの変更で有効度合がことなります。現在は上のリストの下ほど重要になります。

seo対策の内部対策に関しては本で勉強できます。外部対策は日々の変化が大きいため本は参考になりません。

seo関連の記事

検索エンジンの把握に努めて行うseo

いかにして検索エンジンに高い評価を下してもらうかという事がseoにおいては大事になってきます。

そこでなるべく効率よくseoを行う方法はないかと考えた際に、できるだけ検索エンジンが好むホームページとはどの様なものかと把握する様に努めると、それをseoに活かす事ができると思われます。

全く検索エンジンについて考えないままseoを行ってしまうと、知らない間に的外れなseoを行っている事も考えられます。

まず相手を知り、対策を行うと最短距離で結果を出すという事に少しでも近づけるのではないかと思います。

すでに対策を進めているという人は、これまでに行ってきた対策方法の見直しを行うのもいいでしょう。

seoでよく聞くクエリとは

seo対策を行う際に、ネットで情報を検索するとクエリという単語をよく目にするはずです。このクエリというとわかりにくいですが、検索ボックスにユーザーが入力する単語のことです。

そしてグーグルのアルゴリズムはこれを解析して検索結果を表示するのです。このアルゴリズムのなかでも重要な部分を担当するのがRankBrain※2というものです。

このRankBrainは検索ワードを単なる文字列ではなく、そのワードの意味、ユーザーが入力した意図を読み取り最適なサイトを表示します。

現在のseoはここまで進んでいるため、対策は逆にコンテンツを頑張ることに集中しやすいです。

幅広いライフスタイルに対応したseo

seoに取り組む際には、検索結果の上位に表示されることだけを考えるのではなく、有益なコンテンツを配信してサイトの価値を高めるように努力することが重要です。

その際、幅広いライフスタイルに対応したseoを心掛けることで、検索エンジンの利用者から多くの支持を集め、より継続的な成果が期待できます。

最近では、検索エンジンにおける結果表示にAIが活用され始めており、利用者にとって価値の高いサイトほど上位に表示される傾向が強まっています。

そのため、サイトの価値を向上させると共に、検索エンジンに対して価値を正しく認識させる工夫も必要になります。

seoを役立たせるポイントとは

googleをはじめとする検索エンジンで、上位表示されることをseoといいます。ウェブサイトごとに作業することで、対策を立てているのが特徴です。

ホームページを作成した際にどのような手順で進めるべきなのか、大阪などの都市部では、セミナーや無料説明会などが定期的に開講されています。

また関連する技術や知識に関して広く知られているほか、対策業務を代わってくれる業者なども存在しています。

パソコンなどでインターネットが様々な場面で使われるため、あまり詳しくない方でも、IT業界の専門用語として使われる言葉をよく聞くことでしょう。

よく耳にするseoの対策

近年、インターネットが様々な場面で使われるため、IT業界の専門用語とされる言葉も飛び交います。

中でも、googleなどの検索エンジンで上位に表示されることはseoと呼ばれています。対策を立てることが必要なため、ウェブサイトごとに作業をおこなっています。

ホームページを作成するときに欠かせない手順などの知識や技術は、大阪を中心とする全国各地でセミナーや無料の説明会などが開催されています。

関連する知識や技術に関して広く知られるようになっただけでなく、対策業務を代行してくれる業者なども存在しています。

また関連する情報は、情報誌やインターネットでも調べることができます。

seo対策あるある

A:お久しぶり。

B:そうですね。先輩。最近どうしていたんですか?

A:仕事ばかりだよ。浮いた話なんて全くなし。B君はどんなんだ?

B:私は・・・ちょっと言いにくいですね。実は結婚しようと思っているんですよ。

A:えー。おれより先にか?

B:そうですよ。で、先輩も結婚したらいいじゃないですか?

A:そんなの急には難しいよ。じゃあもう結婚式場を探したんか?

B:まだです。今探しているところですよ。

A:どのように探してんだよ。

B:それがネットでgoogleってサイトからブライダルフェアを検索して、予約し、いろいろな結婚式場に下見に行っています。

A:そうなんだ。そう考えるとseoでうまくいっていると問い合わせ増えるよなあ?

B:そうですね。でも最近、seoは難しいらしいよ。

A:そうなんだ。まあ、結婚式の招待状はあるんだろうな?

B:はい。そのうち。

seoを対策する利点について

パソコンやインターネットが様々な場面で使われるため、あまり詳しくない方でも、IT業界の専門用語とされる言葉をよく聞くことでしょう。

seoとはgoogleなどの検索エンジンにおいて、上位に表示されることを指します。

対策を立てることが必須なため、ウェブサイトによって作業分割しています。ホームページを作成した際にどのような手順を進めるべきなのか、大阪を中心とした各地では、セミナーや無料での説明会なども行われています。

さらに、関連する知識や技術に関して広く知られるようになっただけでなく、対策業務を代行してくれる場合もあります。

内部リンク※1

内部リンクとは運営サイトの各ページをつなぐためのリンクです。代表的なものにグローバルリンクやフッターリンクがあります。サイトに新たにページを作成するとそのページへのリンクを張ります。そうすることで新規ページへのアクセスを促すのです。

内部リンクが少ないとgoogleのロボット(ボット)が巡回しにくい状況になります。例外的に、ウエブマスターツールよりサイトマップをアップロードし、登録するとその情報に基づきロボットがデータを取得しに来ます。通常は内部リンクをもとにロボットは巡回することになります。

RankBrain※2

RankBrainは、2015年10月にGoogleが検索ランキングのために世界中へ展開したとされる、人工知能システムです。RankBrainは「ハミングバード」というGoogle検索アルゴリズムの中の一部として機能し、サイトの情報を元にユーザーの入力する検索クエリの「意味」を理解する、という役目を果たしているとされます。

これにより、日々機械学習するためgoogleの検索アルゴリズムは賢くなっていきます。つまり、キーワードからの言語理解が進むということなのです。「安倍首相の嫁」と言えば「安倍昭恵」と認識します。このようにキーワードの関連からの知識化をコントロールします。

これによって検索順位も大きく変わっていきます。